総合医療のWebマガジン Prevention Journal
Premec会員専用サイトログイン Premec会員登録
個人情報保護方針 ご利用規約 トップページ
News Topics インフォメーション 医療施設情報 学会・セミナー 製品ファイル 企業情報 お問合せ
会員制Webジャーナル Premec
日本統合医療学会
日本補完代替医療学会
国際個別化医療学会
日本未病システム学会
日本健康科学学会
日本歯科東洋医学会
日本アンチエイジング歯科学会
日本臨床栄養協会
日本抗加齢美容医療学会
日本サプリメント学会
日本機能性食品医用学会

News & Topics

厚労省、「がん患者と家族への緩和ケア実態調査」結果を公表
緩和ケアは終末期やホスピスなど最期の手段だけではなく、様々な痛みや苦しみを和らげることで、より良く生きるための1つの方法―。厚労省は、地域がん診療連携拠点病院において患者と家族に対し、診断時から緩和ケアがどのように提供されているかを把握するため、昨年8月から9月にかけて5つの病院を対象に調査を実…
生の果物摂取で糖尿病発症リスクが低下
生の果物を豊富に摂る人は、糖尿病になりにくく、また糖尿病患者においては合併症を起こしにくいことが、英国オックスフォード大学の研究でわかった。同大学のデュ氏らの研究チームは、約50万人を対象にした大規模調査“China Kadoorie Biobank”に参加している成人を約7年間追跡し、糖尿病の新規発症件数や、糖尿…
財政審、薬剤自己負担の引き上げを提案
財務省の財政制度等審議会・財政制度分科会は4月20日の会合で社会保障分野の改革項目と今後の方向性について議論した。外来医療における患者負担では、かかりつけ医機能のあり方と、かかりつけ医以外を受診した場合の定額負担導入に向けた検討を求めた。大学病院などの一定規模以上の病院を受診する場合、紹介状がな…
厚労省が「高齢者医薬品適正使用検討会」設置
複数の慢性疾患を持ち、服用薬剤数も多い高齢者の薬物療法の安全性を確保するため、厚労省は「高齢者医薬品適正使用検討会」を立ち上げた。4月17日の初会合では、高齢者の薬物治療の実態や副作用の発生状況、薬物動態の特徴などについてエビデンスを収集し、それらを踏まえた安全対策を検討し、平成30年度末をメド…
健保連、平成29年度は3,060億円の経常赤字に
健康保険組合連合会(健保連)が平成29年度の財政状況を推計し、前年度予算と比較したところ、高齢者医療拠出金が7.23%増加し、3,060億円の経常赤字になる見通しとなった。集計結果は、平成29年4月1日現在で存在する1,398組合ベースで推計。保険料収入に対する拠出金の割合は4割を超え、5割超の保険者も331組合あ…
外来薬剤費、薬剤価格の上昇で増加傾向に
外来薬剤費は、数量ベースでは減少傾向にあるものの、バイオ医薬品の使用など高額療養費の負担が全体を押し上げる要因となっている―。政府の経済・財政一体改革推進委員会は4月11日、社会保障ワーキング・グループ(WG)を開催し、薬価制度や薬剤の適正使用について意見交換を行った。「調剤・薬剤費の動向分析」に…
働き方ビジョン検討会、業務移管やPA創設で医師偏在を解消
ICTの活用や他職種への業務移管、さらに医師をサポートするPA資格制度を創設することで、医師の偏在・過重労働は解消できる―。医師の需給・偏在対策について、厚労省の「新たな医療の在り方を踏まえた医師・看護師等の働き方ビジョン検討会」は4月6日、その打開策を盛り込んだ報告書をまとめた。養成数を増やして…

News & Topics | サービス内容 | 医療施設情報 | 学会・セミナー | 製品ファイル | 企業情報

個人情報保護方針 | ご利用規約 | お問合せ
Copyrights(C) mediaperson Co.,Ltd. All rights reserved.